湯 滝
湯ノ湖
温泉神社
日光山温泉寺
日光湯元ビジターセンター
湯元温泉のミニ散策路
切込湖・刈込湖
金精峠
明治12年の錦絵に見る湯元温泉
レジャー

●金精峠-こんせいとうげ-


金精峠から湯元温泉を望む


 群馬県との県境にあり、温泉ガ岳
-ゆせんがたけ-(2333メートル)と金精山-こんせいざん-(2244メートル)の鞍部-あんぶ-にあたる。金精峠の標高は2024メートルで、日光でいちばん高い峠である。群馬県側は片品村-かたしなむら-となる。
 金精峠は、日光山の僧や修験者たちの修行の場として開かれたといわれ、峠の頂上には金精神社がまつられている。また、そこから湯ノ湖、戦場ガ原など奥日光を一望できる。
 昭和40(1965)年には峠の下部、1850メートル付近に金精トンネルが完成し、国道120号にあたる金精道路で湯元温泉と群馬県菅沼-すげぬま-を結ぶ(冬期間閉鎖)。



(一社)日光観光協会
〒321-1404 栃木県日光市御幸町591日光郷土センター内
電話:0288-54-2496 FAX:0288-54-2495

(一社)日光観光協会 足尾出張所
〒321-1523 栃木県日光市足尾町松原6-3
電話:0288-93-3417 FAX:0288-93-3467